カテゴリー別アーカイブ: ブログ

シャーマンの教え

大自然の掟、風や山を動かし、動物の声を聞き

精霊達と交信すると言われています

代々、親から子へ、

又は代々選ばれた者が受け継いでシャーマンとなりますが

シャーマンはすべての能力を持つわけではなく

資質がそれぞれあります

 

火、水、風、土の4代元素(エレメント)

分かれた資質を持っています

エレメントは地球上のすべてが生みだされる

実際の本質的なエネルギー(エッセンス)です

 

現在、風水などに用いられていますが

エレメントをマスターする者は

すべてを制するとさえ言われるのは

山を実際に動かすことができたり、

ヒーリングなどで病気を癒すことができるからです

 

火(Fire)

太陽がないと私達は生きていけませんね

火は体温でもあります

 

このエレメントは生命力意思を司っています

男性性の極を持ち、陰陽の陽のエネルギーです

このエレメントが足りないと活動できず

自己治癒が難しくなります

 

欝の時はこの火のエレメントが必要です

ただありすぎて、きちんと使えないと

怒りなどに変換されます

 

沢山あればよい訳ではなく、どのように使っているかが

重要なのです

皮膚疾患は火の過剰反応です

アトピー性皮膚炎は

すでにアレルギーからくることがわかっていますが

人間の消化機能がちゃんと作用しないと

解毒ができず、消化不良となり、アレルギーが引き起こされます

 

何かを成し遂げることができるのも

情熱を感じるのも火のエレメントの部分です

 

 

風(Air)

風は空気でもあり、人間にとってかかせないものです

風はコミュニケーションを司ります

三国志の諸葛孔明はこの風使いだったことが分かります

そしてトップに立つ人間は風をマスターしています

空気を読む

それは流れを読む

ビジョンを見る

ということで明晰性と関係しています

男性性の極を持ち、陰陽の陽のエネルギーです

 

 

土(Earth)

 

インディアンは元々、地球の守り手として存在していました

大地の土のエネルギーを持ち、大地と交信したり

地球の意思を受け取っていました

土のエレメントは安定、揺るがぬ決意頑固さ力強さを意味します

実質的に金銭や物質などと関わっています

女性性の極を持ち、陰陽の陰のエネルギーです

このエネルギーが足りないと自分を所有できない

ぼーとした感じで生きている実感がないとなります

 

 

水(Water)

水は感情です

共感、愛でもあります

唯一固い土を溶かすことができるのもこの水です

透明性、明晰性です

水が足りないと感情を表すことができず

共感すること、直感力が欠如します

多すぎると、感情に圧倒され

コントロール不能になります

女性性の極陰陽の陰のエネルギーです

 

エレメントは方位や天使と関わっていて

精霊や天使とワークする時にも使われます

詳しくは透視ヒーラー養成校に授業にて

ヒーリングなどに用いられます

 

 

地球のポイント

一年を通して、地球はぐるりと自転していますが

エネルギーの変化とされるポイントが幾つかあります

冬至、夏至、春分の日、秋分の日、

これを円形で表すと上下左右となります

 

このポイントはパワースポットと呼ばれる遺跡の後をたどっても分かります

ポイントにはそれぞれ方角とエレメントがあります

そしてそれぞれの方角には、その方向を治めるマスターや天使、精霊などがいます

 

2月1日あたりの節分、

5月1日、8月1日、ハロウィーンの日も

エネルギーの変わり目と呼ばれています

 

こういうポイントの日は、エネルギーが変化すると言われ

シャーマンの間では太陽の祝日と呼ばれています

 

そして古代から人々はこのポイントには

何か次元を行き来できると信じていて

神々や大自然などに祈りを捧げ、祭りが誕生したのです

 

<私の魂の帰還>

地球には意思があります
グレートスピリットとは、大いなる意思
大いなる存在、大いなるエネルギー体を言います

 

このエネルギー体は、すべての意識と繋がっていて
完全なるハーモニー、調和を保っています

 

地球の母体のエネルギーであり
お互いの協力関係を保ちながら
私達魂が地球での体験を最大に体験できるように
しているのです

rainbow%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%82%b9

 

インディアンの文化では、これを創造主として扱っていました

「大いなる山よ、空よ、海よ、風よ、太陽よ
そして我らの神、大いなる地球よ
私達がゆくべき道を示したまえ・・・」

 

<不思議な体験より>

1998年のある日、ストレスで声を失った私は

手術をしないといけない状況にいました

お腹に赤ちゃんがいたので手術は断りました

 

その頃から私は夜になると深い呼吸

ヨガの瞑想を行っていました

深く吸って・・・深く吐いて・・・それを繰り返していました

それから3ヵ月後、声は次第に治りポリープは消えていました

1997年にインドの聖者(サイババ)に出会って

恩寵を受けた次の年のことでした

 

1999年の夏

朝、目が覚めると

私はなんとも言えない大きな光に包まれていました

すべての時間が止まったかのように

すべてが光って見えたのです

そして、生命がこの地球に入ってくる様と

出ていく様子が一瞬にして現れ

宇宙の創造が私の中に入ってきたのです

 

そしてなぜここに生命が誕生し、去っていくかが分かりました

すべてが光なのだということが・・・・

この地上で起きるさまざまなこと・・・様々な問題・・・

それさえも光っていました

ずっと孤独で28歳まで笑わなかった私の魂に

光が下りた瞬間でした

その現象は2年間続きました

 

その後の出来事です

ある時、ぼーっと外を眺めていたら

風が私の頬をなでたその時、ある光景がはっきりと見えました

 

その光景は消すことができないほど、

はっきりとくっきりと、まるでその場にいるかのようでした

 

険しい陸、崖っぷちに私は立っていたのです

 

馬の手綱を持ち、崖から下を眺めていました

動物達が大地を走り、生命の躍動が

一つの音となって聞こえていました

 

まるで地球が呼吸をしているかのように

地球とそこで生きている存在のすべてが一つになっていきました

風が私の中を通り

私は風そのものになっていたのです

 

そして地球のスピリットの思いのようなエネルギーを

私は受け取っていました

グレートスピリット

グレートマザーアース(地球の母体のスピリット)の意思です

 

やがて、私のソウルグループのエネルギー体である存在に

気づきました

その存在は髪をなびかせ、男性の姿をしていました

そのスピリットはホワイトイーグルだと後で知ることになります

 

その存在は私の内側に声を送ってきました

 

「どんな時も忘れてはならない!

あなたが行くところは私が行くことを・・・

あなたが歩く道、そこには神の匂いが漂い・・・花が咲くのだ

あなたは神と共に歩いていくのだ

肝に命じておきなさい

あなたが私と約束したことをあなたは思い出すだろう

それはもう何千年も前に

仏陀やイエスやマスター達の傍にいて

あなたはその恩恵を受けている

恩寵を受け取る者は、その恩寵を世界に放射せねばならない

それがどんなことであるか・・・

もう直ぐに身を持って知ることになる」

 

 

いつのまにか私は地球の音

グレートマザーアースと共に振動していました

私は過去生のインディアンだった自分の名前を呼ばれました

「生命の声を聞く者」

 

そして他の転生ではモンゴルで「ホース ウィスパラー」

と呼ばれていたのだと

後に出会うことになる師であるゲリーに言われたのです

 

「君はもう乗馬はしたかい?」

「君はモンゴルでホース ウィスパラー

馬に囁く者と呼ばれていて、馬の心を読み、癒す人だった」

これを聞いてびっくりしていたのは理由があります

 

なぜなら、この物語が映画になっていて

DVDで借りて見た時、釘づけになっていたからです

 

その映画はモンタナの風に抱かれて」という題名で

ロバートレッドフォードが演じる

その存在に強く惹かれていました

 

でも理由が分からなかったのです

その頃、好きな俳優は誰?と聞かれたら

ロバートレッドフォードと答えていました

 

実はロバートレッドフォードが好きなのではなく

彼が演じた、馬をじっと草むらで待つシーン

その時の彼の姿に心を惹かれていたのです

 

これが私の過去生の自分の魂の反映だということに

師から知らされて、驚いてしまいました

私がしたかったリストの№1が乗馬だったからです

 

 

師は続けてこう言いました

「君はネイティブインディアンとして

何度もこの地上に転生をしてきている」

まだ名前も言っていないのに、ゲリーは私の顔を見るなり

そのことについて何分も語り続けたのです

 

これが記憶だったということにその時気づきました

 

「生命の声を聞く者」と

「ホースウィスパラー」この二つが重なりました

 

私が長い間、何度もヒーラーとして

この地上に転生していたことを知らされました

 

自分が何者なのか?何のために生まれてきたのか?

私はどこへいくのか?

ずっと探し求めていたものは一瞬にして光と共に訪れました

 

幼少期、3歳の時に一家心中しようとガス管をくわえさせられ

生き残ったことも

神道系の教会に預けられたことも

サイババに出会ったことも

そしてアメリカ人の師の何人かに出会ったことも・・・・

すべてがサイババの恩寵だったことを知ったのは

ずっと後のことでした

 

私は前世と同じように魂に導かれ

ヒーラーとしてこの地球と共に生きています

 

 

Man holding hat and horse